OPP袋の種類

OPP袋の種類

OPP袋の種類 袋は製造するときに使用する材料によりたくさんの種類の袋を作ることができ、その一つにopp袋というものがあります。
opp袋はポリプロピレンを原料に作られた袋であり、正式名称を2軸延伸ポリプロピレンと呼び透明なフィルム状にした袋になります。
ポリプロピレンを縦横の二方向に延伸しているため、強度があり強くひっぱってもほとんど伸びることはありませんが、フィルムの接合部分は強度が低く裂けやすい特徴があります。
それ以外にも透明性が高くしっかりとしているので見た目が良いことや、防水性が高いため中に紙などを入れていても濡れることがありません。
主な使い道はアパレル製品を入れることに使用したり、ダイレクトメールやCDのケースを入れるのに使っていたりします。
また袋の種類には両サイドを接合させて袋状にした平袋、袋の口をリップテープや本体テープにより止めることができるものやヘッダーが付いたリップテープ付きのヘッダー袋があります。

OPP袋の良い所

OPP袋の良い所 OPPの正式名称は2軸延伸ポリプロピレン(Oriented Polypropylene)と言い、ポリプロピレンを縦横2方向に延伸して、透明なフィルム状にしたもののことです。
フィルム自体には強度があるので、引っ張ってもほとんど伸びませんが、フィルムの接合部分は避けやすいです。
透明度が高く、光沢にも優れています。
 一方、CPPの正式名称は無延伸ポリプロピレン(Cast Polypropylene)と言い、丈夫で裂けにくくなっています。
OPPと比べるとフチが裂けにくく粘りがあり、フィルムは柔らかく、引っ張ると伸びます。
OPPに比べると、やや透明度は落ちます。
 よって、この2つの使い分けとしては、抜群の透明度と光沢をほこるopp袋には、アクセサリーや衣服、小物を入れることに適しています。
cpp袋には、カタログなどの重いダイレクトメールなど強度を必要とするものを入れるのに適しています。
フィルム同士が滑りやすいため、カードゲームのスリーブなどにも適しています。
cppは氷点下に弱い特徴があるため、寒冷地へ品物を送る際には、opp袋を使用する方がいいでしょう。
 以上の点に留意し、快適にOPP袋とCPP袋の使い分けをしてください。