中が透けないタイプのopp袋って存在する?

中が透けないタイプのopp袋って存在する?

中が透けないタイプのopp袋って存在する? opp袋の中には中が透けないタイプのものがあります。
素材は混色が難しいポリプロピレンなため着色は印刷になり、完全に透けないopp袋だと黒色になるため、グラビア印刷での重ね塗りをしますがコストは高いです。
企業の封筒や買い物したときの袋として使われることが多く、会社によっては独自にアルミ蒸着とグラビア印刷を組み合わせて透けない袋を作っています。
よく黒い色の袋もありますがこれはポリエチレン製です。
OPPと比べると柔らかい素材で高級感は出にくいです。
企業の中には片面だけ白にしてそちらには宛名などを書いて、透明な部分はパンフレットなどを見せることも多いです。
片面白の袋で透けさせたくないときには濃い色紙や茶色の内袋を使うことで防げて防水性も高いです。
機密性の高い資料も色紙を表と裏に挟んで大き目のポストイットで挟みこんでから、袋に入れることで情報が漏れる心配もありません。
コスト面を考えるなら片面だけ白にして色紙などで包んだ方が抑えられます。

商品発送用にopp袋が便利!

商品発送用にopp袋が便利! 最近では、インターネットを使ったオークションやフリーマーケットを利用する人が増え、一般の人でも出品した商品を発送する機会が増えています。
また、何らかの商売に携わる業者の方でも、お客さんがインターネットで気軽に商品が購入できるようになったことから、通販にて商品を送る機会が増えているのではないでしょうか。
商品発送用にあると便利なのが、opp袋です。
opp袋とは、一言で言うと、透明封筒のことです。
パリッとした質感が特徴で、ポリプロピレンを縦方向と横方向に目一杯伸ばして作られているため、破れにくく、また、水を弾く、という利点があります。
透明度が高いため、商品を見栄え良く送れる点も利点と言えるでしょう。
opp袋には、ただの封筒状のものもあれば、封がしやすいようにシール付きのものもありますので、送る商品に合わせてタイプを選べますし、ダイレクトメールなどを入れてそのまま送ることも、アパレル商品や書籍類を送るための内袋して使うこともできるため、大変便利です。