OPP袋を使ったラッピング

DVDなどの保存にもOPP袋が使える

DVDなどの保存にもOPP袋が使える opp袋は気密性と伸縮性が高いので埃や傷からDVDを守り、パッケージの保存に使うことができます。
防湿性も高く、紙のラベルが使われたパッケージを保護することもできます。
ヘッダーが付いていて書き込みができるものもあるのでコレクションの管理にも向いています。
袋自体のインクの発色も良いので直接書き込むことも可能です。
DVDのパッケージの大きさに合わせた専用のopp袋もあります。
隙間なく入れることができるので埃がより入りにくく、大量の保管にも使えます。
袋には縦入れと横入れの2種類があります。
縦入れの袋は箱などに並べて保存しても取り出しやすく、長期間の保管に向いています。
横入れの物は透明度が高くタイトルのラベルが綺麗に見えるので、棚などに並べて陳列して保管することに向いています。
DVD以外にもCDやDVD、レコードの大きさに合わせたopp袋もあるので、保存したい物の種類に合わせて自由に選ぶことができます。

写真を綺麗なまま保存できるOPP袋

写真を綺麗なまま保存できるOPP袋 opp袋は写真を綺麗なまま保存することに向いています。
ポリプロピレン製で伸縮性が高く傷が付きにくいというメリットがあり、透明度が高いので見栄えもよくなります。
防湿性がありテープ付きで気密性が高いタイプの袋もあるので長期間の保存にも便利です。
写真の大きさに合わせたopp袋もあるので、額縁などに飾る時にも便利です。
フィルムは透明度が高く光沢もあるので観賞用のケースとしても十分に使うことができます。
専用の袋は密着仕様で透明度が普通の袋よりも高くなっている物が多いので、より綺麗に見えます。
サイドの縫合部分の強度を上げるフレームシール加工された袋であれば安心して使うことができます。
観賞用だけでなく気密性も高いので少し大きなサイズの袋を使い、写真をまとめて保存することもできます。
白いヘッダーが付いている袋もあり、インクの発色も良いので書き込みをして整理整頓することにも向いています。
様々な柄が元々印刷された袋もあるので贈り物などにも使うことができます。